スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【友達】ネットで声を掛けられるには

「ブログとTwitterを始めましたが、友達ができません」


ブログやSNSで声を掛けてもらいやすいページを作りましょう。

まず好きなバンドやメンバーが一目で分かるようにしておくことが重要。
同じファンの人の目に留まります。

『まい@ツアータイトル』のように、名前の後ろにバンドにちなんだ言葉を入れるバンギャさんが多いです。
ブログならタイトルに曲名やメンバーの口癖を取り入れたりするのもオススメ。

もちろん自己紹介に好きなバンドを書いてもOKです。
このときにバンドをたくさん書くと、雑食の人に絡まれやすいです。
本命1つしか書かなければ、同じくそのバンド一筋の人に興味を持たれやすくなります。


そして次に重要なのが文章の内容。
愚痴やマイナス発言ばかりの人は、友達になりたいとは思ってもらえません。

あとバンギャルに多いのは体調不良を無駄にアピールする人。
眠れないや食欲ないや薬の話など、たまにならいいですが好まれるものではないです。

そしてバンギャの友達を作りたかったら、ブログにもバンドの話を書きましょう。
あなたの食べたご飯より、バンドマンの話に興味があるのがバンギャルです。

あとは写真を載せること。
これでグッと親近感が増します。

とはいえ顔をばーんと出すと、あまり良い印象を持たれないことが多いです。

1番オススメは服の紹介。
『○○の新作をお迎えしたよ』
『明日のライブにはこんな服で参戦します』

そのあとに、携帯で顔が分かりづらい画像を貼りましょう。
これだとナルシストや自信過剰とは思われにくいです。

ライブやイベントに参戦する服を載せて『見掛けたら声を掛けてもらえると喜びます』などと書いておけばOK。
「絡んでください!」と言ってるようなものですが、厚かましくなくて自然。

仮にこれらを全部やっても、コメントやメッセージが急にたくさんくることはありません。
やはり待っているより、自分から声を掛けた方が手っ取り早いです。

成功しやすい絡み方は次回


『ともだち必勝法』記事一覧へ



プロフィール

ひとみ

Author:ひとみ
バンギャル活動の必勝法を紹介しています。

最新記事
広告
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。