スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ライブ】参戦時のお洋服OK?NG?

「ライブには何を着て行ったらいい?」


これはバンド・座種・見る位置によって異なります。

激しい曲調で暴れるバンドの場合は、黒系のTシャツ&パンツスタイルで間違いないでしょう。
オシャレな格好は、ライブで盛り上がる気がないと思われてしまいます。

逆にキラキラした雰囲気のバンドは、ロリィタさんなど着飾った人もたくさんいます。
(ロリィタファッションについてはこちらへ)

ヴィジュアル系のライブだと、自分もオシャレしなくちゃいけない気になることも。
でも、気負わず普段着でも全然良いと思います。

っと言うのも、ライブにはお仕事帰りのお姉さんバンギャルもいます。
特に平日は、仕事終わりにダッシュで会場に来る人がたくさん。

もしくはお昼はショッピングセンターでお買い物していて、夜はライブという慣れた人も。
だから地味な格好とか普段着でも悪目立ちすることはないです。


靴は隣の人を踏んでしまったら危ないので、ピンヒールは避けましょう。
アクセサリーも周りの人を傷つける可能性があるので、スタンディンクの場合は外した方が無難。

座席指定の場合はアクセサリーをつけてても大丈夫です。
ヒールもOKですが、立ちっぱなしなので履き慣れたものを。


激しいライブでは、髪の毛はまとめましょう。
低い位置で1つ結びか2つ結び、または三つ編みでも良いです。

髪の毛を結ぶのが好きではない人は、とりあえずシュシュを腕に付けて会場へ。
もし周りがみんな結んでいたら自分もライブが始まるまでに結べはOK。

高い位置でのポニーテールやお団子は、後ろの人が見づらくなってしまうのでやめましょう。
帽子も邪魔になるからマナー違反です。


後ろのほうで静かに見ているのであれば、髪の毛や服装はあまり気にしなくて大丈夫です。

周りの人の迷惑になる格好はしない。
これさえ守れば、よっぽど奇抜な服装でないかぎり嫌な目で見られることはありません。


ライブハウスの中は熱気で暑いので半袖が適当ですが、たまに空調が良くきいていて肌寒いこともあります。

冷房が苦手な人は長袖で暑かったら腕まくり。
もしくは腰にパーカーやカーディガンを巻いて行って、寒くなったら羽織りましょう。


『ライブ必勝法』記事一覧へ



プロフィール

ひとみ

Author:ひとみ
バンギャル活動の必勝法を紹介しています。

最新記事
広告
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。