スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【手紙】絶対覚えてもらうファンレターの書き方

ViViDのKo-kiさんのブログ連載『バンドマンのためになる話(仮)』をバンギャル目線で解釈するコーナーです。

第2回目は『絶対覚えてもらうファンレターの書き方』です。

ViViD Ko-kiオフィシャルブログ KING OF ROCK
Ko-kiさんのブログを読んでいない方は、先に上の記事を読んでみてください。

今回は内容が盛りだくさんですね。

・個性のある文章を書く
・好きになるまでのストーリーを書く
・遠くからライブに行く
・プリクラはどちらでもよい
・繰り返し出し続ける
・絶対数が少ない時を狙う

まとめると上の5つが書かれています。

この中で1番ためになるのは『絶対数が少ない時を根う』です。
私も以前に『たった1通で認知されるテクニック』で語っておりますが、数が少なければじっくり読んでもらえますし、それ故に認知もされやすくなります。

ライブやイベントがないときは同じくネタがなく、書く内容に困る場合があります。
そんなときこそ『好きになるまでのストーリーを書く』のが良いでしょう。

バンドとの出逢い・初めて聴いた曲・どうして本命が好きになったか等々。
バンドマンとしても興味のある内容なので、閑散期なら長文でも読んでもらいやすいと思います。

他にネタに困ったときにオススメなのは、好きな曲をコメント付きでランキングにすること。
多少文章が下手でも、10位から発表することで最後までわくわく感を持って読んでもらえます。

あとは『○○さん名言集』などのまとめ系。
本命バンドマンのライブMCの名言を集めて、それに対するコメントや共感を書く流れです。
多くのバンドマンは自分が好きなので、自分のことがたくさん書いてあると喜びます。

書き手自身ことを書きたい場合は、バンギャルの裏側はウケが良いでしょう。
ライブ後こんな話で盛り上がったなど、バンドマンからすると未知の領域は興味を持ってもらえます。
とはいえ、あまり品位のないことは避けたほうがベターです。


最後にプリクラですが、個人的には貼らないほうがいいと思います。
盛った写真貼ると、なんだか可愛いアピールや狙ってる印象を与えてしまうような。

全くもってその通りでも、そう思われないほうが得をする場合が多いです。
顔をアピールしたいならば、自然な流れでプリクラを貼りましょう。

例えばバンドがコラボTシャツを発売したとします。
「○○さんモデルのTシャツ着てみました!」など、手紙文に合ったプリクラなら自然で良いと思います。

覚えてもらおう!っと意気込むのは大事ですが、それが前面に出てしまうと逆効果です。
ガツガツしすぎずに、認知されるテクニックをさりげなく取り入れて手紙を書くようにしましょう。


『おてがみ必勝法』記事一覧へ



プロフィール

ひとみ

Author:ひとみ
バンギャル活動の必勝法を紹介しています。

最新記事
広告
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。