スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ライブ】入待ち・出待ちの基本ルール

「○○のライブは出待ちはできますか?」


知恵袋や掲示板で多いのがこの質問。
入待ちや出待ちはバンドやライブハウスによって、出来る出来ないがあります。

バンドが入出待ちを禁止している場合は潔く諦めましょう。
過去に何か問題があったり、ファンのマナーが悪くて禁止になってしまったり…という理由が多いです。

これを破って入出待ちをしてしまうと、バンドに迷惑がかかってしまいます。


バンドが表立って規制していない場合は、暗黙の了解ということになります。
あとはライブハウス側の判断です。

例えば、高田馬場AREAは隣がスーパーで歩道が狭いことから、入出待ちを禁止しています。
福岡ドラムロゴスは車道に出ず、常識の範囲内で待てばOKです。(バンドによってはNGの場合もあるかもしれません)

このように、ライブハウスの立地条件や方針によって、できる場合とできない場合があります。
事前に『(ライブハウス名) 入待ちor出待ち』で検索して、情報をキャッチしましょう。


ただし、同じライブハウスでもバンドによって対応が違う場合もあります。

例えばキャパ300の道路に面したライブハウスで入待ちが5,6人だとします。
大人しく立っていれば、それほど通行人の迷惑にはなりません。

これが100人だとしたら、狭い道路なら通れなくなりますよね。
こうなると近隣に迷惑がかかるので、ライブハウスのスタッフはバンギャルを散らします。

「溜まらないでください」と言われたら、しぶしぶ退散しましょう。
スタッフと戦ってはいけません。

マナーを守ることは、バンドを守ることと同じです。
ライブハウスのルールを破って、ライブをさせてもらえなくなっては悲しいものです。

入待ちや出待ちをするときは、このことは絶対に忘れないようにしましょう。


『ライブ必勝法』記事一覧へ



プロフィール

ひとみ

Author:ひとみ
バンギャル活動の必勝法を紹介しています。

最新記事
広告
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。