スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【手紙】バンドマンが喜ぶライブ感想文

「どんな内容を書けば楽しんで読んでもらえるの?」


ライブの感想といっても書き方は様々ですが、具体的な内容が良いです。
楽器が分かる人は迷わずそのことを書きましょう。

というのも、楽器や機材のことを書くバンギャルって少ないんですよ。
「かっこよかったです」「感動しました」のようなざっくり表現が圧倒的多数です。

その中でアンプとかエフェクターがどうこうとか、細かいアレンジの違いなんかを手紙に書くと目立ちます。
間違いなく喜ばれる上に印象にも残ります。

バンドマンは楽器が大好きです。
しかし悲しいことにヴィジュアル系の場合、良い音を作ろうと努力しても変化に気づかないリスナーが多いのです。

「髪型変えました!」っと自撮り写真を載せるとリプライがいっぱいくるのに、「アンプ変えました!」だとリプは半減するのがV系の世界。
こんなときこそチャンスなのです。

つまり楽器のことが少しでも分かると、手紙だけでなく握手会やTwitterでも有利になります。
バンドマンの大好きなものを理解することは大切です。

習うより慣れろという言葉があるように、とりあえずエレキギターを弾いてみるといいでしょう。
ベースが好きな方はベースでも良いですが、初心者が1人で練習するならおそらくギターのほうが楽しめます。

家に楽器がない方はネットで注文できます。
知識ゼロで楽器屋に行くのが恥ずかしくても、1万円でギターが家に届く時代です。

挫折してしまったときのことを考えると、最初から奮発して高い楽器を買う必要はないと思います。
やってみて楽しかったら、次は楽器屋に行って自分に合ったものを買えばOK。

楽器のことが分かると手紙のネタが増えますし、ライブの楽しみ方も広がります。

『○○さんに憧れてギターを始めました!』
これもバンドマンにとって嬉しい言葉だと思いますよ。


『おてがみ必勝法』記事一覧へ



プロフィール

ひとみ

Author:ひとみ
バンギャル活動の必勝法を紹介しています。

最新記事
広告
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。