スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ライブ】良番を無駄にしない事前の行い

「チケットの番号が20番だげど、最前列で見れるかな?」


ライブに何度か行っていると、すっごく嬉しい番号がくることもあります。
これを無駄にするわけにはいきません。

いくら良い番号で入場しても、オロオロしてるうちに後ろの人に抜かされてしまっては勿体ないです。
ライブの前に作戦を練ることが大事。


まずライブハウスのキャパ(収容人数)を調べてみましょう。

キャパが300人未満だと、最前列に並べる人数は恐らく10人以下。
逆にZeppみたいに2000人ぐらいの広い会場なら、50人ぐらいが多いです。

『ライブハウス名 最前 人数』で検索すると、ヒットする場合もあるので試してみましょう。

あと真ん中に柵があるかどうかも重要。
最前よりも柵が好きな人もいるから、これも調べておきましょう。


次はどこで観たいか考えます。
ボーカルさんの目の前が良いのか、ギターさんが良いのか、全体を見るために真ん中あたりの柵が良いのか。

例えば、ボーカルさんと上手ギターさんが好きで、ちょうどその真ん中あたりを狙うとしましょう。

最前が25人程度で、自分の番号が20番だとします。
とにかく最前柵を握ることだけを考えるのであれば、ヘマさえしなければ大丈夫。

とはいえ、みんな端から並んでくれるわけではありません。
メンバーさんの人気に大きな偏りがなければ、真ん中から埋まっていくのが普通。

1番端でも最前が良いのか、それなら2列目を取るのか。
それとも見やすい2柵にするのか。

入場後にあたふたしないように、事前に考えておくとスムーズです。
当日は決めたところにダッシュしましょう。


『ライブ必勝法』記事一覧へ



プロフィール

ひとみ

Author:ひとみ
バンギャル活動の必勝法を紹介しています。

最新記事
広告
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。