スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【手紙】ファンレター1通に何分費やしますか?

「なんだか文章にまとまりがないです」


手紙を書こうと思ってペンと便箋を取り、書き上げたものの読み返すとイマイチ…。
こんなことにはなっていませんか?

よっほど文才がある人でなければ、いきなり便箋に書くのは避けましょう。
まとまりが悪かったり、言い回しが変になってしまいます。

文章の基本の書き方は、小・中学校の作文で習った通りです。

構想→下書き→推敲→清書

この4ステップを守りましょう。

①構想
まずは何を書くか頭に浮かべましょう。
先週のライブの話と新曲の話にしよう!のような大まかな内容でOKです。

②下書き
次は下書きですが、後で修正する機会があるので思ったことをどんどん書きましょう。
紙に書いてもいいですし、手直しがしやすいように携帯やパソコンで打ってもOKです。
ペンが前に進まない場合は、こちらを参考にしてください。

③推敲
ひとまず手紙文ができたら、文章に読みづらい部分がないかどうかチェックします。
時間がある場合は、翌日以降に読み返した方が客観的に判断しやすいです。
推敲の詳しい内容は次回書きます。

④清書
いよいよ本番、心を込めて丁寧な字で書きます。
最初のほうは綺麗でも、だんだん荒くなっていくのはよくあること。
途中で気を抜かないようにしましょう。

最後に封筒に宛名を書いて完成です。


丁寧に書いた文章は、間違いなく読み手からも好印象です。
今まで30分で手紙を書いていた方、一度この方法を試してみてくださいね。


『おてがみ必勝法』記事一覧へ



プロフィール

ひとみ

Author:ひとみ
バンギャル活動の必勝法を紹介しています。

最新記事
広告
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。